イメージ画像

薬剤師が転職するために必要となる準備

薬剤師が転職するためには、いくつか事前に準備をしておかなければならないものがあります。薬剤師だけに限ったことではありませんが、事前に準備をしっかりと行っているかどうかが転職を成功させる鍵でもあります。事前に、しっかりと準備を行って、自分が納得できる求人を見つけましょう。求人活動にあたっては、下記のサイトを参考にしてください。
助産師、病院での仕事内容は?

まず、転職をしようと決めたら薬剤師の転職サイトや求人サイトに登録を行いましょう。最近はたくさんの薬剤師転職サイトや求人サイトがあります。

どこに登録したらいいかわからない時は、比較サイトや口コミサイトを参考に選びましょう。また、いくつかの薬剤師転職サイトや求人サイトに登録して比較するという方法も有効です。

気になる求人を探しつつ、履歴書も準備しましょう。履歴書の記入は特に重要で、自分をアピールするための重要なツールです。手を抜かず、一つひとつ丁寧に記入をしていきましょう。免許資格の欄には、業務に関わる資格をすべて記入していきましょう。

薬剤師以外にも認定薬剤師、ケアマネージャーなどの資格を持っているのであれば、それも記載してください。業務に関係ない資格は基本的に書かなくてもいいのですが、もし、英語などの資格を持っているのであれば、ぜひ記入してください。

必ずしも必要な資格というわけではありませんが、今後は薬剤師に英語力が求められるとも言われていますので、書いておいた方が有利になるかもしれません。また、職務経歴書を準備しておいたほうがいい場合もあります。

退職の意思は余裕をもって伝える

転職を決めたら、退職願も用意しましょう。転職が決まってから退職願を出す場合、退職願を出してから転職を探す場合で用意する時期は異なると思いますが、一番大切なことは会社が迷惑にならないようにするということです。

引き継ぎの時間などを考慮して退職する意思を、退職する1カ月〜2カ月前から伝えておきましょう。

また、転職の合否はほぼ面接で決まります。そのため、事前に面接対策をしておくことも必要です。面接本番で、質問に答えられないという事態を防ぐためにも、面接においても準備しておくことが大切なのです。

薬剤師の転職先《病院薬剤師》

病院薬剤師のお仕事は、病院に訪れた外来の患者さんや、また病院に入院している患者さんに対し、 医師が出した処方箋を元にお薬を調剤し、処方する内容になっています。 また、患者さんたちのこれまでのお薬や副作用に関するデータを記載した薬歴を作り、 それを管理することも病院薬剤師の重要なお仕事です。

医薬分業が進んだ昨今では、この病院薬剤師の数は減少傾向にあると言われています。 病院のすぐそばに調剤薬局が設けられ、これまでの病院薬剤師の役割がそちらに流れてしまった背景も大きいようですね。

そのため近年では、薬剤師の活躍の場は病院から調剤薬局やドラッグストアなどに変わってきました。

とはいえ、数が少ないながら病院薬剤師の求人もゼロではありません。 薬剤師の転職先の選択肢の一つとして、視野に入れておいても損はないはずです。 というのも、病院薬剤師のお仕事はとてもやりがいが大きく、魅力的な職業でもあるからなのです。

病院薬剤師は入院患者の皆さんと接することの多い薬剤師です。 病院で施される治療や、出された薬によって、患者さんの回復を目の当たりにすることができます。

また病院の中で、医師や看護師と共に連携を取りながら働くこととなりますので、 コミュニケーション能力が問われるのはもちろん、薬の専門家としてのやりがいも大きくなるでしょう。

そんなメリットの反面、医師や看護師と連携をとるということで夜勤が存在していたり、また同じ薬剤師の中では収入が低い、などのデメリットも存在しています。

チーム医療の一員として、医師や看護師と連携を取り、自身の専門分野を生かして医療サービスの向上を目指す病院薬剤師への転職は、薬剤師としてのやりがいや喜びを大切にしたいと考える 志の高い方にぴったりな転職先だと言えるでしょう。

求人の数が少ない病院薬剤師への転職活動では、薬剤師に特化した転職支援サイトでの 非公開求人をチェックするなど、情報収集も工夫する必要がありそうです。

<関連サイト>
九州大学病院


薬剤師の転職先《ドラッグストア》

近年、町を歩けばいたるところでドラッグストアを目にするようになりました。もはや日本全国、どこへ行ってもなんらかのドラッグストアのお店があると言ってもいいのではないでしょうか。

そのぶん、ドラッグストアで活躍する薬剤師の需要も高まっており、 そのニーズが減少してしまうと言う事は考えづらいのではないでしょうか?

なぜなら、ドラッグストアには必ず薬剤師を配置することが義務付けられていて、 ドラッグストアの数だけ薬剤師求人が存在しているといっても過言ではないからです。

そんなドラッグストアの薬剤師は、求められる適性がその他の薬剤師と異なります。 一般的に薬剤師といえば、お薬の専門家として、その専門的な知識を役立てる活躍をイメージしがちですが、これに対しドラッグストアでの薬剤師は、お薬の専門家であるのと同時に、 「一人の販売員」「店員さん」といった一面も強く占めているのです。

ドラッグストアには毎日、様々なお客さんが来店されます。各々が様々なものを求めていて、場合によってはそれがお薬ではないこともあるでしょう。時には日用品や化粧品など、お薬以外の商品を案内することもあるはずです。

さらに、棚卸しや店内清掃、レジ打ちなど、ドラッグストアのスタッフの一人として務めることも多々あるのです。

「わたしは薬剤師だから関係無い」といったプライドは、ドラッグストアでは無用の長物です。どんなケースにも臨機応変に対応できる幅広さと、様々なお客さんに適した接客ができるコミュニケーション能力の高さが必要です。

数多くの求人が公開されているドラッグストアでの求人選びでは、とにかく多くの情報を収集し条件のいい求人に出会う確率をアップさせることがポイントです。インターネットでの薬剤師転職サイトの活用など、情報量の多い転職ツールをうまく利用するようにしましょう。

また、ドラッグストアでは社員だけではなくアルバイトやパート薬剤師の求人も数多く募集されています。女性薬剤師の子育や家事との両立も図りやすい、魅力的な職場だとうメリットもあります。

このページの先頭へ